メンズのもみあげの切り方・整え方を紹介!

男のもみあげは濃いし、すぐ長くなるし気になる方って多いのではないでしょうか? 

今回は自分でできるもみあげの整え方を詳しく紹介していきますので、ゆっくり読み進めていただければ誰でも簡単にもみあげがセルフカットできるようになると思います。

整える前

男のもみあげ長い

上の画像のように、伸びきった状態の男のもみあげは長いし先も中途半端に伸びた毛が出ていてだらしないです。もみあげは正面から見た時に見えるので、自分でもみあげが整えられると、ビジネスシーンでも清潔感がある印象を与えて、さらにカットも長持ちします。

まずはバリカンで全体的な長さを整えます

男のもみあげの切り方

バリカンにはアタッチメントというカットする長さを調節する部品が付属していて、最初に9mmの長さで全体的な長さを調節していきます。もし、仕上がりをみて長いようなら6mmに変えて切り直しましょう。

次は3mmを入れます。

もみあげの整え方

3mmのアタッチメントに変えてバリカンを入れます。ここで注意したいのが3mmの場合は結構白く短く仕上がるため、バリカンの入れるラインを低くします。上の画像のように耳の穴くらいに設定しましょう。

耳上もすっきりカット

男のもみあげカットやり方

6mm or 3mm のアタッチメントで耳の上にかかってくる長いサイドの毛もカットしていきましょう。そうするともみあげからサイドのつながりが自然になりより良い仕上がりになります。

ハサミと櫛で微調整する。

もみあげカットやり方

先の方位櫛を使ってもみあげ全体の長さを整えていきます。もし難しいと思う方はこの工程は飛ばしていただいても構いません。

はさみで直接先を整える

もみあげカット方法



カミソリで長さを整える

もみあげカミソリで整える

カミソリでもみあげの長さを整える工程が一番重要になってきます。もみあげの長さは好みでもありますが、かみそりでもみあげを整えることによって先細(筆の穂)みたいに自然な仕上がりになります。

もみあげの両サイドを斜めに剃ることで自然なもみあげにすることができます。T字カミソリでは難しいので、100円均一などで手に入るもので構いませんのでなるべく1枚刃のカミソリを使ってやるとうまくできます。

完成!!

もみあげ整える

メガネとの相性もいいです!

もみあげの形

私は普段からメガネをかけているのでもみあげがスッキリするとメガネとのバランスがいいしかゆくならないです。

使用した道具

もみあげ道具

パナソニックのバリカンとはさみとコームとカミソリが必要ですが、必ずこれではないとダメということでもありません。ただ、先の細いコームがあると便利かもしれません。YSパークの男前コームはおすすめです。

男前コーム眉カット用 (amazon)

Y.S.P 男前コーム 254

私が使用しているコームもYSパーク(美容業界で超有名な道具の会社)を使用しています。今回使っているのはテール付きでしたが、こちらの櫛の先に行くにしたがって細くなっているので眉毛の細かいところのカットにも手に届くので大変オススメツールです。ハサミとカミソリは100均で十分だと思います。

もみあげにもセルフカットにも使えるバリカン

パナソニック カットモード(ナチュラルアタッチメント付 水洗い) ER5204P-W


自然なヘアースタイルに仕上げることが出来る「ナチュラルアタッチメント」を搭載していて、もみあげの長さを整えることも可能です。セルフカットで使用することが出来る長さのアタッチメント、6mm、9mm、12mmの長さが付属されています。また、水洗いが出来るので刃を衛生的に保つことが出来るので安心です。

散髪ケープ

コジット ジャンボ散髪マント

先にご案内したいのが、この散髪ケープです。

セルフカットを行うと必ずと言っていいほど周りに毛が飛び散って始末が大変になりますが、この散髪マントは裾の部分が折り返しになっていて地面に落ちにくい構造になっていて散らかる心配がないのです。しかも、袖のついた散髪ケープなのでケープ自体が邪魔にならずセルフカットがやりやすくなります。カット以外にもカラーなんかにもお使いいただける優れものです。


Sponsored Link

関連記事

男の眉毛カット方法